中学受験に合格する勉強法

中学受験に合格するには、当たり前のことですが勉強しなければなりません。
大切なのは、勉強する時間や量ではなく、質ということを認識しましょう。
もちろん勉強する時間や量も大切なのですが、せっかく同じだけ勉強するのであれば、質の高い勉強をするべきです。

そのためには、どうすればいいのか。
実は、それが分からない子どもが多いのです。
中学受験は、基本問題、応用問題とありますが、そのほとんどが教科書に載っていることなのです。
つまり、学校の授業で習った部分しか出ません。
学校の授業さえ、しっかりしていれば合格に近づきます。
ただ、学校の授業は、みんなが一斉に同じところを習います。
そして授業の時間も決まっています。
その時間の中で、質の高い勉強をするのは、なかなか難しいことです。

結論を述べますと、授業以外で勉強することが、質の高い勉強ができる時間なのです。
家に帰って、自主的に教科書の予習と復習ができれば、問題はありません。
しかし、子どもが自主的に、学習する必要のあるポイントを見つけて、集中して学ぶことはとても難しいでしょう。

ならば、だれか大人がポイントを押さえて、時間にメリハリをつけて勉強できる環境を作ってあげれば、子どもは中学受験に必要な勉強に集中できます。
それを学習塾や家庭教師といった、勉強のプロフェッショナルに頼ることは、とても効率が良くて有効なことであると言えます。