中学受験の国語での勉強法のコツ

中学受験での国語の勉強法としては、やはり読解問題の練習が必要です。
ただし、ここで重要なのは主観を入れないことなのです。
つまりは書いてあることから飛躍して、推測などをしてはいけないということになります。

確かに、文章の記述から、書いていないことまで推測することが可能な場合は多々あります。
しかし、そういったことをしてしまうと、国語では間違いになりやすいのです。

基本的には学習科目としての国語では、そこに記述されていることのみを対象にして問題が作られます。
ですので、本文で断言されていないことが書かれている選択肢などは、受験においては一般的に間違いとされます。
これは大学受験の国語にも当てはまることなのですが、中学受験での国語にも共通する部分です。
書いていることからのみ判断するということは、一見すると簡単なように思えますが、実は意識しないと難しい部分です。

想像力が豊かですと、書いていないことまでどんどん想像できてしまうかもしれません。
ですが、あくまで客観性を重視するのが中学受験の国語ですので、日頃の勉強においても、文章から確実に読み取れる範囲内で問題を解くという癖をつけていくと良いでしょう。
これこそが国語の勉強法の中でも鍵となる部分です。